外国人技能実習生受け入れのメリット

外国人技能実習生は開発途上国に対して日本の知識や技術の移転を図り開発途上国の経済発展や人づくりに寄与するという目的のもとに日本国内において最長3年間の技能実習を行います。



外国人技能実習生は中国やベトナム、タイ、フィリピン、ネパール、タイなど様々な国々からなりそれぞれの文化や習慣を尊重しながら日本での生活を送っています。

技能実習生の受け入れ人数は実習実施機関の常勤職員人数によって異なっており、例えば51人以上100人以下の実習実施機関では6人以上100人以下の実習生を受け入れることができます。

カンボジアの送り出し関する便利な情報が満載です。

また受け入れ先は建設関係や縫製業、養豚養鶏など様々な分野で受け入れが可能となっています。
そんな外国人技能実習生を受け入れるメリットにはどのようなものがあるのかというと日本の生産年齢人口の低下に伴い企業や工場にとって必要な労働力を確保していくのが困難になっているところに技能実習生が加わることで雇用が定着することができ安定的な生産性を保つことができます。また外国人技能実習生は母国の発展に寄与しようと日本の技術や知識を意欲的に学ぶ姿勢にあふれているため日本人スタッフにも刺激となり職場が活性化することにつながります。


さらには将来的に海外進出を計画しているのであれば現地での自社のリーダー候補として技能実習生を直接日本国内で育成することができます。

このように外国人技能実習生は今後もますます増加していくと予想されており日本の企業にとっても大事な戦力となりうるわけです。