外国人技能実習生の活動

近年になって国の政策の1つとして外国人技能実習生の受け入れを行っている企業が増えています。



外国人技能実習生とは主に東南アジアを中心とする国の若者を対象にした制度であり、主に20歳前後の若い世代が日本の企業に実際に入社して働くという経験を通じ、様々な技能を身に着けて母国で活用するとともに、日本文化への深い理解と日本の企業文化を体験し将来的なビジネスパートナーを育成していこうと言う活動です。


このような活動を行っている産業分野は非常に幅広く存在しており、漁業や林業、農業の他、様々な製造業の現場でも活躍しています。

このような制度を利用する外国人技能実習生は、母国である程度日本語を含む日本文化について習熟した人材の中から選抜される仕組みになっています。
そのため非常に将来有望な若者が日本の文化の中で働くと言う経験を深めることになるのです。受け入れ側の企業にとっても単なる安い労働力の付け入れと言う姿勢ではなく、実際に働く従業員であると言う側面と同時に次世代を育成していくと言う姿勢が求められる制度です。

安心して生活することができるような環境作りも受入企業の条件として設定されており、国際貢献の一つの形として活動の幅が広がっています。



実習期間は短い場合には1年ですが、近年では3年程度まで延長されるケースが増えています。

カンボジアの送り出しに関する有益な情報をご紹介いたします。

あらかじめ期間を定めて技能の習熟に勤めるのが外国人技能実習生の務めであるとされています。