カンボジアやベトナムの外国人研修生を受け入れる

発展途上国と日本の企業を結ぶ、外国人技能実習制度が注目されています。

カンボジアの外国人研修生に関する問題解決をサポートいたします。

外国人技能実習制度とはカンボジアやベトナムなどの発展途上の国の若者を、人材不足に悩んでいる企業へと派遣する制度になります。



カンボジアやベトナムの若者は日本の技術を学び、故郷に帰り、技術を祖国に広める事がメリットです。
日本の企業は人材不足を補う事が出来、外国人研修生の国との結びつきが出来るのがメリットになります。



例えばカンボジアに工場を新たに作りたいと考えている企業には、その国の研修生を迎え入れ、日本で技術を学んでもらった後、双方が合意すれば現地で働いてもらう事も可能です。
外国人研修生たち発展途上国の若者は他国で働きたいと願う程なので、真面目に働くと評判です。国によって国民性の違いはありますが、仲介業者によって事前に勉強をしたりするので、仲介業者選びにも注意をしましょう。


外国人研修生は多くの場合、日本語を学んでから来日をしますが、流暢に話せる訳ではないので職場内でのフォローが必要です。
また、外国人研修生たちの住まい等の用意も必要になります。
ただし、発展途上国の若者だからと言って、安い賃金で良いと言う訳ではないので、注意も必要でしょう。

職種は幅広く漁師や家具職人、食品製造など、様々な職業で外国人研修生を迎え入れる事が出来ます。


求人しても日本の若者が応募をしてこない、仕事が続かないとお困りの企業には最適な制度になります。